株式会社アイタンクジャパン採用サイト

member社員紹介

企業と学生との架け橋になりたい

経歴

1987年生まれ。
2010年立命館大学卒業後、Web広告ベンチャーにて、営業とマーケティングを経験。
その後、大手化粧品メーカーでマーケティングを経験し、現在に至る。

アイタンクジャパンに入社後は、自社メディアのデータ分析やキャリアコンサルタントに従事。

長期実践型インターンシップの素晴らしさを

私が学生だったころ、「インターンシップ」なんて言葉は知りませんでした。
特に関西出身のため、関東に比べるとインターンシップの浸透は遅れていました。
自分が知る限り、周りは誰もしていなかったですね。

ところが東京に来たら、多くの学生が経験している。
相談に来る学生もインターンシップを知っており、やってみたいと思っている。
また、企業もインターンシップを活用したいと思っている。
この状況に、正直驚きました。

インターンシップをしている学生は活き活きとしており、実施している企業はインターンシップをうまく利用して、企業の活性化を図っている。
こんなに素晴らしい制度が日本に広まれば、素晴らしい未来が待っていると確信しています。

そんな重要なミッションを担っているという意識で業務に取り組んでいます。

なんでも挑戦させてもらえる環境がある

入社して一番驚いたことは「なんでも挑戦させてもらえる」ということ。
ベンチャーだとよく言われる話だとは思うのですが、本当の本当になんでも挑戦できます。
マーケターとして入社したにも関わらず、入社早々「キャリアコンサルタントをやりたい!」「リアルイベントをやりたい!」などと声をあげたところ、 「分かった!じゃあやってみて!」と一言。

やるからには成果が求められるため、責任重大なのですが、失敗を恐れず、多くの挑戦をさせてくれる会社だと感じています。

FreeTalkここだけの話

休日は近所を散歩しています。
毎週歩いている場所でも、天気や季節などが変わると、違う顔を見せてくれるので楽しいです。
「あれ!?こんなのあったっけ?」という発見は、生活を豊かにしてくれている気がします!

あと、友人やアイタンクジャパンの社員を家に招いて、お好み焼きパーティーやたこ焼きパーティーをしています。
僕は関西人なので、家にいっぱい焼けるたこ焼き機があります(笑)
みんなで作りながら食べるご飯は格別ですよ!

募集要項
エントリ
top